インドで10日間瞑想修行した東大生は宙に浮くのか

LINEで送る
Pocket

ついに本格的な瞑想へ

そして3日間、呼吸に集中する修行法をやり抜くと、いよいよヴィパッサナー瞑想に取り組めます。

ヴィパッサナー瞑想を簡単もいたってシンプル。

頭のてっぺんに意識を集中させること。そして、その意識を徐々に足に向けて移動させていくこと。そして爪先までたどり着くと、引き返すこと。

それだけを残りの7日間し続けます。

 

「えぇ…」。帰りた(略

 62639811

ざくっと言うと、一番キツかったのは5日目の夜。

何も考えずに瞑想することに慣れてきた僕。

しかし、瞑想中に押さえつけてきた思考が、寝なければならない夜に爆発してしまいます。

 

将来どうしよう。日本に帰ったら何をしようかな。そもそも、瞑想が終わったあと、プリーまでどうやって帰ればいいんだっけ…

心は乱れるばかり。そして寝付けずにいると、あの鈴の音が聞こえてきます。

そして、彼がドアの前に。あの無表情で…。いやあ、辛い。

40123311

こんな感じ

頭がガンガンと痛む中、何とか瞑想しようとするも、いつの間にか睡魔に負けてしまいます。

ふと顔をあげると正面の先生が鬼の形相で睨んでいます。

そして、「キミ、ほんとにハタチ?」「帰る?」と言われる始末…。

もう一度言います。いやあ、辛かった。

 

10日間瞑想修行した東大生は宙に浮くのか

 

それでもなんとか乗り切りました。そして南京虫に刺され脹れ上がった痕をさすりながら、僕は思ったのです。「この10日間で、何を得たのだろう」って。

反応は人それぞれでした。「本当に辛かった」としかしか言わない人もいれば、「瞑想していたら涙が出てきた」という人、神が舞い降りたという人。

中には、独自に瞑想法を開発し、修行時間以外でも瞑想に耽っていたという本格派まで。

結局どうだったのか。

結論から言うと、解脱はできませんでした。来来来世に期待と言ったところでしょうか。

ただ、不思議な体験をしたことはありました。

8日目の夕方くらいのこと。先生の教え通りにつま先に感覚を集中させたり頭のてっぺんに感覚を集中させたりしていた時、経験したことのないような感覚に襲われました。

宙に浮いている感覚とも、水の中に沈んでいくような感覚とも違う、言語化しにくい感覚。。。

これが「悟り」だ!と思うわけでもないですが、「何かスピリチュアルなものって、もしかしたらあるのかもしれないなぁ」、と感覚的に思えたのは結構新鮮な経験でした。

悟れなかったけど、たどり着いたこと

そして、瞑想を通して僕はこう考えたのです。

 

結局、人間の幸不幸は全て主観的な問題で自分がどう捉えるかによる。

もちろんそれを取り巻く客観的な諸課題も解決されなければならない問題ではあるけれど、最後の最後で大事なのはマインドセットだということ。

 

ありえないほど自分と自分の身体感覚をみつめなおさせられた10日間で、本当の意味で「ジコチュー」になったからこそ見えてくるものがありました。

要するに、瞑想というのは、自分を見つめるツールであり、可能性、ポテンシャルを量る物差しであると。

それは海外留学という手段にも通じることなのです。

アウェイに身を置き、どこまで全力で生きることができるか。全身全霊で、神経を張り巡らせて過ごすなんて経験は、なかなかできないこと。

でも、フィリピンでもインドでも、それを迫られ、集中力、突破力は確実に身についたと思っています。瞑想により、気高い人間になったとは言い辛いのですが…。

インドで東大生が瞑想して悟ったこと。

それは、知らない街を歩いてみよう。えいっと、海を飛び越えてみようってこと。

いろんな出会いがそこにあり、危機管理も含め、自分のリミッターを外す経験は得がたいものだと思うのです。

IMG_5436

朝起こしてくれる人とも仲良くお別れできました

最後は留学のススメみたいになっちゃいましたが、これは僕の偽らざる思いです。

休学のデメリットってあまりないと思うし(ひょっとしたら気付いてないだけかもしれないけど)、これからの人生100年の時代、少しの回り道はむしろ自分という「幹」を太くしてくれるのではないでしょうか。

いまにもポキッといきそうだった華奢な幹。それが少しはしっかりした、と信じる僕なのでした。

1477783254

とは言っても、具体的にどうすればいいかわからない。実は、そんな人たちに向けたイベントも開催予定です。

3月20日に開かれる「トウダイカイギ」。

トウダイカイギtwitter3

国際分科会では、交換留学やトビタテの魅力やマル秘合格法の伝授、IBMなどのグローバル企業の方の本音トーク、東大に来た留学生との交流など、いろんなコンテンツを盛り込んだイベントを開催します。もし興味のある方はぜひお越しください!

 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

トビタテ4期生として、フィリピンとインドで教育ボランティアなどをしてました。トビタテに興味ある人など気軽にお声がけください!

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ