47全都道府県を自転車で回って見つけた「ちょっと変わった日本の穴場15選」

LINEで送る
Pocket

ちょっと変わった日本の穴場20選

旅行に行きたい!……けどもう京都とか札幌とか、那覇とか観光地には飽きた! という人にオススメする「ちょっと変わった日本の穴場20選」です。

こんにちは。経済学部4年の水野と申します。自転車が大好きで今まで全47都道府県に自転車で行ってきました。 それでいきなりなのですが自転車で旅をする、ってどんな感じかご存じですか?

以前、自転車旅の魅力を記事にしましたが、今回は実際に自転車で全47都道府県を回ったからこそ見つけられた、僕のお気に入りの場所を紹介していきます。デジカメで撮った普通の写真ですがご容赦を。

東日本編

 地図1-01

1. エサヌカ線(北海道猿払村)

【穴場度】★★★★☆
北の大地に広がるとにかく一直線の道。メインの国道からは外れた場所。稚内から宗谷岬へ行き、そこからさらに海沿いに50kmほど下ったところにある道。電車は通っていない。車可。

IMG_4950

まっすぐ。

2. 江戸屋山道(北海道礼文町)

【穴場度】★★★★★
礼文島の北の果て。木がなく笹などの草しか生えていない不思議な空間が広がる。稚内からフェリーで礼文島にわたり、さらにそこから北に自転車で1時間半ほど。車可だが道狭い。

礼文島の北の果て。写真奥は利尻島の利尻富士。

3. 納沙布岬(北海道根室市)

【穴場度】★★☆☆☆
日本最東端の地。日本人が自由に行けるのはこの白い灯台までで、その4kmほど奥には北方領土の貝殻島が見えている。観光客は意外と多い。釧路市街から東に160km進むと根室で、そこからさらに20km進むと納沙布岬。車可。

USER0832

右奥には北方領土の歯舞諸島が見えている。

4. 横手山〜渋峠(群馬県草津町)

【穴場度】★★☆☆☆
草津から志賀高原にかけて走る国道で、日本国道最高地点である2172mを通る。草津温泉は行く人は多いが、ここまで登る人は少ないかも。長野原草津口まで電車、そこから草津まで700mほど標高を上げ、さらにそこから標高を1000mほど上げなければならない。車可。

USER7808

写真奥の山を走る道路まで雲上をひたすら走っていく。

5. 高ボッチ高原(長野県塩尻市・岡谷市)

【穴場度】★★★★★
塩尻峠のそばから登る高原。隣のビーナスラインや美ヶ原は有名だが高ボッチ高原は全く知られていない。鉢伏山までの登山もオススメ。北アルプスが綺麗に見える。塩尻峠までは国道で行けるのでアクセスは良好。車可。

IMG_4045

右奥には雪の積もった北アルプスが。

6. しらびそハイランド(長野県飯田市)

【穴場度】★★★★☆
南アルプスのそばにある高原。西も東も一望できる場所ではあるが意外と知られていない。標高は1900mまで上がる。アクセスとしてはとにかく遠い。飯田までも遠いのにそこから一つ山を越えて、さらに山を登ったところにある。車可だが道狭い。

USER8313

空に浮いているよう。

7. 御坂峠(山梨県富士河口湖町)

【穴場度】★★☆☆☆
河口湖から御坂みちを登ったところにある峠。メインの国道はトンネルのため峠の車通りは皆無。富士山がとにかく綺麗に見える。短いトンネルが峠にあるのだが心霊スポットっぽくて怖い。車可だが道狭い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

河口湖と富士山。

次ページは西日本編!

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

経済学部4年生。全国を自転車で旅したり、カナダに留学に行ったり、名古屋にインターンに行ったり、何かとフラフラ浮遊するのが好きである。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ