【2016年傑作選】UmeeTライターに聞いた「1つだけ勧めるとしたらこの記事!」【今年もありがとうございました】

LINEで送る
Pocket

2016年最後の夜、いかがお過ごしでしょうか。編集長の杉山です。

今年一年、UmeeTにお付き合いいただいた読者の皆さん、本当にありがとうございました。

UmeeTが本格的に動いてきた最初の一年。たくさんのおもしろい記事が、UmeeTから発信されました。(アイキャッチ画像は、めいちゃんを食べてしまったありし日の思い出です

ん・・・? 面白かった気はするけどあんまり思い出せない・・・?

よーし、じゃあ

年越す前のこのタイミングで記憶に埋め込んで「2016年のUmeeT最高だったなっていうかUmeeTのことしか思い出せないな」って状態で新年を迎えていただきましょう!!

ここからは、UmeeTのライターたちに「今年の記事からひとつだけお勧めするとしたらこれ!」という、とっておき、心にぶっ刺さるであろう記事を紹介していってもらいます!

まずは編集長チョイス。これぞUmeeTな気がする「虫食べる東大生インタビュー」

「何があっても生き残る」 日本の生態系トップ?に君臨する東大生と虫を食べる

UmeeTといえばインタビュー。東大生に隠された「意味不明さ」を引き出す。そこについてはキラキラのOBもガムシャラな在学生も同じです。それを記事にしたいと常に思ってますが、この記事の場合、もう最初っから全開ですね。

「生き残る」ために虫を食べたり畑を開墾したり狩猟免許取ったりする謎のサバイバー東大生に、エースライター・アリサのツッコミが冴え渡ります。虫実食するとこまでやるのが偉い。もう芸人の域。

アリサおすすめ! 東大に来た、オタク気味留学生が綴る「逆・留学記事」

【逆・留学記】サンダル一足で台湾から東大にやってきました【言葉の壁をぶち壊せ!】

そんなアリサが即答した、今年のベスト記事がこちらの留学記。多くの留学体験記事が集まった中でも、「東大に留学している留学生」に書いてもらう「逆・留学記」シリーズの傑作です。

「もっとみんなに読んでほしい記事。文章が洗練されていて、かつ読めばほっこりする。台湾の女子学生が東大を目指すことを決めたきっかけから、現在に至るまでのあれやこれやを綴った名コラムです」byアリサ

言葉の壁を果敢に乗り越えて、今では東大で漫画を描いている、かねまささん。読めば2017年も頑張る気力が湧いてくるはず。

カメラマン亀崎おすすめ! 東大推薦合格者ってどんなやつ??

吾輩は東大推薦生。自信は、まだない。

お次は「虫食べる東大生インタビュー」で写真を撮ってたカメラマン亀崎。最近のインタビュー記事のほとんどは彼が撮ってます。大活躍。

そんな彼がおすすめするのは、なぜか写真がほぼ無いこの「東大推薦合格の新入生が書いたエッセイ」!

あまり取り上げられないような推薦入試生の”本音”が知れるのがオススメポイントです。by亀崎

東大の推薦入試導入は2016年の大変革でしたね。UmeeTは今後とも、東大の中に隠れてる気になる情報を、いち早く面白くお伝えしていきたいです!

UmeeT代表村田おすすめ! 頭脳を無駄にフル活用したバカコラム

牛角の「カルビ専用ごはん専用カルビ」は論理的にこの世に存在可能か?【東大生4人ガチ議論】

下半期からUmeeT代表を務めて来た村田(デートスポット記事の彼です)がおすすめするのは、「カルビ専用ごはん専用カルビ」というメニュー名に文句をつけ続けたこの記事!

「知性とユーモアでおもしろいものをつくるという点で一番成功している記事かなと!」by村田

編集長が代表に褒められるというスーパー内輪展開となりましたが、僕もめっちゃ気に入ってます。一周回ってバカすぎる無駄議論って、ものすごい興奮するんですよね・・・

こちら、後編が残っております。もったいぶってすみません! 必ず出しますのでお楽しみに!

「女子校の申し子」おすすめ 最強のトイレ情報を詰め込んだこの記事!

【東大生必見】駒場キャンパスのトイレランキング、勝手に作りました

今年のネタ記事といえばこの人。「男子校の化身」の愛弟子である「女子校の申し子」! 女子校こじらせ記事ミス東大ファイナリスト小田恵さんが語る女子校の闇の記事は、PVランキングも上位の必読記事ですが、彼女が認めた最強のネタ記事がこちらのトイレ記事。

「実用性がすごいのはもちろんなんですが、『なんでアドミニ棟のトイレについてそこまで知ってるんだよwww』とか、大真面目に語る筆者にツッコミたくなる点がたくさんあるのが面白い。本郷版も待ってます!
ちなみに私はこの記事を読んでから、7号館のトイレに寄り付かなくなりました。」by女子校の申し子

面白くて役に立つって最高ですよね。東大外の方も、ぜひトイレだけのために駒場にお立ち寄りください!

学術担当じんのオススメ! ノーベル化学賞を東大生が解説!

東大で(研究内容が)今年のノーベル賞に最も近かった学生が解説!「分子マシン研究のロマンと基礎研究の重要性」【ノーベル賞Week②】

学術記事担当で、一時的には編集長の座を強奪する暴動を起こしたじんの。東大の学術の魅力を伝えた記事といえば、このノーベル化学賞解説記事だ! とのことです。

「やはり研究の話を聞くのは面白いし、価値があるよね。」と思わせてくれた。byじんの

2017年も東大だからこそできる、学術の面白みを易しく楽しく伝える記事を出していきたいです! ノーベル賞企画の特設ページはこちら!

渉外担当クリッパーおすすめ やまゆり園事件を教授と掘り下げる

いまこそ障碍の本質を問おう。凄惨さはすぐに忘れてしまうから。津久井やまゆり園の事件を受けて、脳性まひの東大准教授・熊谷先生を訪ねる。【前編】

渉外担当のクリッパーが勧めるのは、今年を振り返る上で避けて通れない凄惨な事件を扱ったこの記事。

何が凄いって、何のためらいもなく自分が書いた記事を自薦して来たところですね。この流れで?

でもこういう時事に絡めた真面目な取材も、どんどん進めていきたいですね。せっかく凄い教授の皆さんが揃っているので、会いに行かない手は無いです。

最後におまけ! お正月休み、映画見ませんか?

【各分野の東大生が結集】話題沸騰中の映画『ズートピア』を語り尽くす会

最後に、お正月ちょっとゆっくりできる皆さんにお勧めしたいのが、「東大生レビュー記事」の数々。今年の名作を振り返りながら、ちょっと映画でも観ませんか。「ズートピア」に始まり、「シン・ゴジラ」「君の名は。」もレビューを集めてます。

いろんな視点があって、「そう観たか〜」と、観た人も観てない人も楽しめると思います!


いかがでしたか。思い出してきましたか?

書いてて僕も思い出してきました。一つ一つ記事を企画しては更新し、積み上げてきた1年でした。読者の皆さんのおかげさまです。ありがとうございました。

それでは、良いお年を。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

杉山大樹

UmeeT編集長 常にエンターテイナー的でありたいです。 笑論法創設代表・東大エンターテイメント広報部部長

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ