東大男子の考えた最強のクリスマスデートプランを東大女子に見せた結果……

LINEで送る
Pocket

4位 どぅーん(仮名・1留)のかんがえるさいきょうのでーとぷらん

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_003-1

一番イケメンなのに最下位って……

 

①待ち合わせ

12:00に日暮里駅に集合。

もちろん彼女が着く20分前には着いておく。シティー・ボーイには心の準備が必要なのだ

ちなみに前もって彼女にハイヒールは履いて来ないように言っておく。今日はたくさん歩くからね。

 

「早く着く心構えがいいよね」

「スニーカー指定してくれるのは嬉しい。気遣ってもらえているのがわかる

「気遣いは最高だけどハイヒール限定だとなんか気持ち悪い『歩きやすい靴で来てね!』くらいがちょうどいい

 

待ち合わせ……8/10点

 

②行く場所

谷中霊園を通ってカヤバ珈琲に。美味しいコーヒーとカレーでランチ。

フォトジェニックな谷中の町で後ろから彼女の写真をこそっとパシャリ。写真の腕には自信があるのだ。

それから上野といえば美術館。国立西洋美術館ではいまゴッホとゴーギャンの展示があっている。美術には大した知識はないけれど、西洋美術に詳しい彼女にいろいろと教えてもらおうかな。

気づいたらもう15時を回っている。

ちょっと寒いけれど、上野公園で1時間ばかり話しこむのもいい。そこで彼女と恋バナに発展。彼女とそういう話をしたことは今までなくて、いやに緊張してしまう。「そろそろ彼氏欲しいなー」だって。これは完全に脈アリ?

 

なんで霊園通った?

「クリスマスに美術館は渋い」

「自分はそこまで西洋美術に詳しくないのに、女の子の趣味に合わせて美術館に行くっていうのは神

 

行く場所……10/20点

 

③ディナー

17:00を過ぎて蔵前へ。「シエロイリオ」の二階席窓際を予約している。

そこから、月を反射して映す隅田川と色とりどりに光るスカイツリーを横目に少しだけ酔ったまま、いつも以上に話が盛り上がる。

ついつい2時間も話し続けてしまい、危うくプレゼントを渡すのを忘れそうになる。

でもそんなことはありえない。

なぜならシティー・ボーイなので。

まだプレゼントは贈らない。

 

「イタリアンいい!!雰囲気もよさそう」

シティ・ボーイってつっこんでいいところ?

 

ディナー……20/20点

 

⑤告白

そのまま告白は直球。

「好きです。付き合ってください。」

答えがイエスじゃないわけがない。

晴れて今日12/24に非リア充とはおさらばな訳だ。

 

「シンプルイズベスト。告白のセリフはいいと思うんだけれど、場所は二人きりのところがいいな

直球は神

 

告白……20/30点

 

④プレゼント

二人の共通の趣味は映画。ちょっと遠いけど渋谷の「八月の鯨」に向かう。

2人で好きな映画を語らいながら夜遅くまで時間を潰して最終的にホテルへGOだ。朝までずっと愛し合う。

朝起きたときのプレゼントも忘れない。すごいブランドの指輪。俺はそこらへんはよくわからん。

 

「いきなり指輪はない。すごいブランドの指輪はない」

電車でGOみたいなノリで最低なこと言ってんじゃねえよ

 

プレゼント……5/20点

 

合計点……諸事情(Go!してしまったので)により15点の減点があり、48点

 

不可!!!

 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

アリサ

実質時給692円で働いていました。お友達が欲しいです。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ