東大男子がスナップ撮られたくて原宿を一日中歩き回ったら……

LINEで送る
Pocket

生まれ変わったファッション、披露の時

それではお待ちかね(待ってねーよというツッコミは無視します)、3人が当日着てきた服です!

 

エントリーNo.1 いっちー

s__3637326s__3637322

あづささんに言われたブランドに馬鹿正直にこだわったコーディネートをしてみました。

シャツ:Paul Stuart \15,000

ジャケット:Comme des GARCONs Homme \100,000

カバン:Marimekko \5,000

スニーカー:Tokyo Bopper \25,000

ちなみにこの靴、ソールが5cmあるので身長盛れます。やったね。

s__3637332

総計14万5千円、給料をすべてつぎこみました。

しばらくの間、お昼ごはんはもやしになりました。

vaf_00053

もやし、安いです。そして美味しいです。

 

エントリーNo.2  浪人侍

 

s__3637385s__3637398

 

トレーナー:Ralph Lauren (used)

セーター:No brand (Swiss made, used)

オーバーオール:ALL STAR (used)

ソックス: Ralph Lauren

スニーカー:Converse (Order made)

ポイントは、全身古着でかためたところ。あづささんが古着は流行と言っていたのですから間違いはないはずです。靴ひもの結び方にもこだわりがあります。

s__3637388

後光がさして、なんだか神々しさすらあります。

s__3637405

・・・

 

 

 

エントリーNo.3 どぅーん

 

s__3637291s__3637290

スウェット: MAISON Kitsuné

スニーカー:Y-3 (Adidas for Yohji Yamamoto)

コート: UNIQLO U designed by Christophe Lemaire

妄想デート選手権で最下位に輝いてしまったこの男ですが、しっかり準備してきてくれました。

心なしか笑顔も輝いているように見えます。

1211_161228_0057

キツネの絵をアピールしています。

 

いざ、出発!

s__3637273

さて、準備も整ったもとで、いざ表参道の街に繰り出します。

嬉しいことに、「その企画面白そう!!!」と、あづささんも一緒に参加してくれることになりました。かなりツンデレです。

ルールは一つ、日没までにスナップに撮られること。

 

s__3637360 s__3637372

円陣を組んで、いざ出陣です。

 

まずは、スナップの聖地といわれる東急プラザと表参道ヒルズの間の道。

この道、恐ろしいことに美男美女しかいません。怖いです。

s__3637267

表参道の街を歩き回ります。

 

ちなみに、エントリーNo.3のどぅーんはバイトがあるということで、開始わずか1時間で離脱。

無念のリタイアです。

s__3637378

 

 

果たしてスナップに撮られる気があったのかはなはだ疑わしいですが、「あとは任せた」というどぅーんの言葉を胸に、残り2人でこの先頑張ります。

そもそもアイテム紹介用個人写真を撮るのに1時間以上かかったなんて言えません。

s__3637409

ここで、辛い現実が僕たちを襲います。

この日は最高気温11℃、最低気温2℃。

91-1

寒いです。

しかも、何の目標もなくただ外を歩き続けるというのはしんどいです。

街を歩く人たちはみんなショッピングやパンケーキを楽しみに歩いているというのに、、、

 

2時間経過しましたが、スナップに撮られる気配はありません。

というか、スナップを撮ってそうな人が見当たりません。

2324604-paparazzi-stock-photo

こんな感じの人

 

 s__3637415

歩き回ります。

s__3637487

歩き回ります。

s__3637488

歩き回ります・・・

s__3637489

3時間経過しました。未だ成果は0です。

s__3637479s__3637480

 

場所を変えてみました。

ネット情報をもとに、東急プラザ前でスナッパーを探します。

俺たちは本気です。

お腹がすいてきましたが、そこは目標のため、1秒も無駄にできません。

 

 

 

4時間経過しました。

空腹に耐えながら、まだ見ぬカメラマンを探して歩き回ります。

 

次ページ:半ば諦めモードになった取材陣の前に、一筋の光が……

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

空回りシティボーイ

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ