進路に迷える東大女子が就職やめて象使いになろうかと思った話

LINEで送る
Pocket

心配性なママンから旅立った4年最後の夏

初めましてこんにちは。純ジャパながらPEAK4年の金子萌と申します。UmeeTで記事を書かせて頂くのは初めてで緊張しています。

私は今年の夏休みに、友達と2人で東南アジアをバックパックしてきました。
私はバックパックというものに以前から憧れがありましたが、都内女子校出身一人っ子ということもあり、大分過保護気味の親ハードルを越えることができず、諦めていました。

しかし!今回、タイの大学に1年間留学をしていたという強力な友達の助けを得、またここでは書ききれないくらい様々な契約を親と結ぶことで念願の! バックパック旅行を果たしました。(ちなみに心配性の親を安心させるためにこまめに連絡をとっていたら携帯代が優に4万円を超えました…笑えない)

今だからこそ言える話も沢山、そんな旅行記の一部を皆さんにもお届けできればと思います。

 

2週間の珍道中はスリルでいっぱい?!

行程はベトナムのホーチミンから入り、ハノイ、ラオスのルアンパバーン、ビエンチャンをまわりタイのチェンマイから帰りました。

ベトナムのバイクに何度も轢かれそうになったりとか、ラオス国境越えの27時間のバスってもはや夜行バスじゃないだろとか、ナイトマーケットで散財しすぎたせいでチェンマイでトゥクトゥクに乗れず15キロのバックパックを担ぎながら6km歩いたりとか、見知らぬラオス人と人生初バイク2人乗りで本気で死を覚悟したりとか、最後の最後にオーバーブッキングに遭って1時間半の交渉の末にビジネスクラスチケットを勝ち取り優雅に帰国したり、、、

エピソードは枚挙にいとまがないのですが、こちらではラオスでの体験に焦点を当てたいと思います。

how-to-ride-a-motorcycle-with-a-passenger-66532_6

こんな優雅だったら良かったのに…. 引用:http://www.autoevolution.com/news/how-to-ride-a-motorcycle-with-a-passenger-66532.html

5207759230177-line

搭乗時に新聞をもらったのに既に座席に新聞と週刊誌が置いてあって、1人で日経新聞を2部有する意識の高さを発揮してしまったの図

 

異国の地で見つけた老後の移住地

街の美しさから、イギリスの旅行誌で人気の行き先1位にも選ばれている、ラオスの古都、ルアンパバーン。寺院も多く、日本でいう京都のような雰囲気を感じました。ベトナムのバイクの多さに辟易していた私達は、ルアンパバーンのゆったりとした空気がすっかり気に入ってしまい、滞在予定日数を伸ばすほどでした。フランスの植民地だったこともあり、街並みは美しく、騒々しくなく、 ご飯は美味しく、人々は人懐っこく、物価は安く、、、私の中で老後に移住したい町ランキング暫定1位になりました。

そんな天国のような場所、ルアンパバーンで私は象使いになりました。え?聞こえないって? もう一度言います、象使いです。

私も最初、一緒に行った友達に「ラオスでは象使いになることも予定してるよ!」とLINEで言われた時、へ? 象使いって何だそれwww冗談でしょwwwwwそれに象って臭いしあんま好きじゃないwwwwwwと思っていてスルーしていたため、ルアンパバーンに着くまで忘れていました。

しかし友達は「象使いになる!象使いになる!!」とハッスルしているので、半信半疑のままツアー 会社に行くと…

ありました! 象使い(mahout、マフーと言います)の資格が取れるツアーが沢山あったのです!!
本当にあるんだ! と驚く私をよそに、さっさと2人分申し込む友達。ここまで来て引き下がるわけにもいかない! と、覚悟を決める暇もありませんでした。

次ページ:象とドキドキのご対面…!

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

アイドルとリアル脱出ゲームとスノーボードが好きです。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ