成功の秘訣は並外れた自信!? ~プログラミングも知らない東大生が85万DLの英単語アプリmikanを生み出すまで~

dsc_0202
LINEで送る
Pocket

あなたは、もし自分の立ち上げた会社が赤字を垂れ流してたらどうしますか…? 

強い危機感を持ち、黒字にする努力をするでしょうか。それとも、別のビジネスに移行するでしょうか。

「いや、赤字を垂れ流していても大丈夫」   

 

自信を持って、こう平然と言い放つ東大生がいます。それが、株式会社mikanの代表、宇佐美峻さんです。 

 dsc_0217

彼が手がけるアプリmikanは、「圧倒的に一番早く覚えられる英単語アプリ」をウリに、リリースから2年間で85万ダウンロードを達成しています。

単語を左右にスワイプするだけで、覚えていない単語を仕分けでき、正解するとかわいいみかんのロゴがほめてくれる、最強の「快感」暗記アプリ。数多ある英単語アプリの中でもApple Storeで堂々1位の人気を保っています。

 

確かにこのアプリはすごいです。でも、彼の自信はアプリの凄さから生まれるのでしょうか。

どうしてmikanが生まれたのか、そして宇佐美さんの自信はどこからくるのか。常人離れした自信を持つように見える宇佐美さんに迫ります。

 

「あれ、起業ってこんなに簡単だっけ…」って思うかも!? 何か新しいことに挑戦したい方、自分に自信を持ちたい人必見!

 

 

自分のための合宿がビジネスに

 

英単語アプリって着眼点が面白いなと感じたのですが、英語で起業しようとしたきっかけってありますか?

 

「きっかけは英語合宿ですね。起業したかったから、そのためにスタンフォードに留学したくて。だから英語力をつけないといけなかったんです。その頃ちょうど、毎日1日8時間のディクテーションを2週間続けるとネイティブになれるという話を聞いて、じゃあネイティブになろう!と。
2週間友達の家を借りて、朝6時から夜12時まで勉強する合宿を企画しました」

 

すごっ。それだけやると疲れませんでした?

「全然できなくて辛かったので、結局ディクテーションはあまりしませんでしたね(笑) とりあえずあらゆる教材を使ってみていろいろやりました。でもその合宿の様子をブログに書いたら、すごい注目を浴びちゃって。外コンや官僚の人とかからも『行きたい!』という意見が寄せられたのです。なら、1人あたり2万円くらいとって合宿できるだろうと」

 

よく希望者が出てきましたね(笑)。実際に外部の人を招いてやると大変そうですね。

「予想以上に大変でした。そもそも一回合宿をやっただけで、TOEFLのノウハウも無い中で、プログラムを作らないといけない。営業するときには、『TOEFLは受けたこと無いですけど、TOEFLに関しては全部知ってます』って言ってました」

 

もう、その度胸に脱帽です。

こちらが合宿のブログ記事。合宿のハードさが表情から伝わってきます!

こちらが合宿のブログ記事。合宿のハードさが表情から伝わってきます!

次ページ:いよいよmikan誕生秘話へ

LINEで送る
Pocket

dsc_0202

ABOUTこの記事をかいた人

教養学部国際関係論コース4年。 好きなもの:チョコ、激辛料理、読書、リラックマ 苦手なもの:スポーツ、ジェットコースター、こそこそ話、無口な人

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ