いまこそ障碍の本質を問おう。凄惨さはすぐに忘れてしまうから。津久井やまゆり園の事件を受けて、脳性まひの東大准教授・熊谷先生を訪ねる。【前編】

dsc05230
LINEで送る
Pocket

刃物を持った男が侵入し、多数の死傷者が出た障害者施設(26日午前、相模原市緑区

刃物を持った男が侵入し、多数の死傷者が出た障碍者施設(26日午前、相模原市緑区)(日経新聞Web刊より引用)

 2016年7月26日午前1時45分ごろ、相模原市緑区千木良の障碍者施設「津久井やまゆり園」にて、ハンマーを使って施設に侵入した男によって就寝中の障碍者19名が殺害され、他に職員と入居者6名が傷害された。

 犯行はもっとも警備が手薄な時間帯を狙ったとされ、自首により捕まった容疑者の植松聖(26)が元職員であったことから、施設の安全性や職員の管理に問題があったのではないかという指摘がなされてきた。

 その根拠とされているのが、植松氏が同施設を退職した理由である。

 「障害者は死んだほうがいい」

 彼は2016年より差別発言を繰り返し、2月19日に同施設を退職している。その後、園の要請で津久井署員に事情聴取を受け、措置入院させられることになる。その際に「精神障碍」の認定がなされたことやその他の問題行動から、彼の異常性が取りざたされることになった。インターネットでは、彼を犯行に向かわせたであろうメカニズムを分析するよりも、彼に関する情報を「サイコパス」として結びつける記事・投稿が多い。

 彼は優生思想の持ち主であったと思われ、措置入院の際には「ヒトラーの思想が2週間前に降りてきたと医師に話し、その直前には「保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為」「私は障害者総勢470名を抹殺する」と書かれた声明を衆議院議長に渡そうとしていた。

 この声明文では実際の事件に近い「作戦内容」が書かれており、大義名分を掲げ作戦を実行した植松氏を英雄視する反応も一部では上がっている。その根底には、「生産能力が無く、他人に危害を及ぼす可能性が高い重度の精神障害者は社会的に負の存在である」という共通認識がうかがえる。彼の犯行を非難する側にも、「精神障害者を施設に入れるべきではなかった」という意見が存在し、いずれにせよ障碍者の社会参加を制限すべきという考えが広まっている

 また筆者も、この考えを即座に切り捨てることはできなかった。「生産性がなく害を及ぼすものを排除する」発想自体は身近なものであり、自分にも経験がある。例えば、電車に悪臭を放つホームレスが乗っていると、浮浪者の移動を規制してほしいと感じる。

 事件は私たちの中にある優生思想を暴いたとも言えるだろう。だからこそ、衝撃的であった。

 あらわになった優生思想に再びふたをするか。その選択は読者の皆さんに委ねられている

 では、インタビューに入るとしよう。

LINEで送る
Pocket

dsc05230

ABOUTこの記事をかいた人

クリッパー

「読むだけでこの世に生を受けたことに感謝したくなるアーティクル」 "Articles that make you appreciate the fact that you were born in this life."

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ