【史上初?の就活】マッチョ東大生が、Amazonジャパンでボルダリングしながら会社訪問

img_4224
LINEで送る
Pocket

Amazonでボルダリングをしてきましたよ!!

4m8zdle1ia

タイトルを見て、こんな絵面を思い浮かべてしまった人もいるかもしれませんが、南米の岩を登ってきたわけではありません。

順を追って説明します。

 

Amazonとは、南米の大河ではなく、アマゾンジャパンのことです。

本から食品、家電、家具、自動車さえも販売していて、注文した商品は最短なら当日に届く、インターネット通販大手のAmazon.co.jpです。ほとんどの人が利用したことがあるのではないでしょうか。

僕も先日、海外製のコーヒーミルをポチっと購入してしまいました。

最近では、プライム会員向けの見放題・聴き放題のサービス、プライム・ビデオやPrime Musicなどのデジタルコンテンツというのもあるそうですね。

 

でも、これだけ生活に不可欠になりつつある企業でありながら、中でどんな人がどのように働いてるのか、全然想像できなくないですか?

 

Amazonでは、いったいどんな人たちが働いているのか?

 

気になったので、東京・目黒のアマゾンジャパンのオフィスまで行ってきました。

%e3%81%82%e3%81%be%e3%81%9e%e3%82%93

 

結論から言うと、「日本の大学生はみんな、アマゾンジャパンに就職すべき!」ってなるくらい魅力的だったので、特に就職活動中の学生は必見です!

史上初?!ボルダリングで会社訪問

amazon2

ただオフィスを見学するだけでは普通すぎるので、「アマゾンジャパン社内にあると噂のボルダリングウォールで、東大生と対決しませんか?」とダメ元で提案してみたところ、なんとOKが出ました!  

 

大学生がアマゾンジャパンの社員の方と一緒にオフィスでボルダリング対決をするのは、おそらく初めてのこと。アマゾンで働く社員さんたちの素顔を垣間見ることができる画期的な企業研究と言えるでしょう。

それにしても、こんな怪しい団体(UmeeT)の、クレイジーなお願いを聞いてくれるAmazonさん、ノリが良すぎです。

 

さて、対決である以上は勝ちたいのが東大生の性。

今回のために、「最強の東大生軍団」を集結しましたよ!

img_3760

左の強面のお兄さんは、関谷さん。ボルダリング経験は少ないながら、少林寺拳法で全国大会出場経験を持つ武闘派。

写真右の黒いローリングストーンズのライブTを着ているのは、富山さん。松尾研で人工知能を研究中。ボルダリング歴が長く、司令塔的な役割が期待されます。

真ん中は、かつてマッチョ図鑑にも出演してくれた、中山さん。ボルダリングは未経験。ボート部仕込みの筋肉でどこまでカバーできるかが勝負の行方を左右しそうです。

 

対するのは、アマゾンジャパン ボルダリング部のみなさん。

ボルダリング部は、オフィスにボルダリングウォールが設置されたことをきっかけに結成されたサークルとのこと。週に1度は終業後に集まり、初心者を指導しながら楽しく練習しているそうです。

s__17842178

女性も含め9人の方が集まってくださいました。サークル以外でも練習を積んでいるメンバーもいて、かなり手ごわそうです。

それでは、対決に移りましょう!

ルール説明

IMG_4208

今回は以下のルールで対決します。

 

・指定されたスタートのホールド(壁に固定された突起)からゴールのホールドまで、たどり着く。途中はどんなルートを通ってもよい。

・ゴールまでたどり着いたら、スタートとゴール以外の3つのホールドにシールを貼ることができる。

・シールが貼られたホールドは、使用禁止になる。クリアする人が増えるほど使えるホールドが減っていくことに…。

・今回は、東大生チームは1人3ポイント×3人、Amazonチームは1人1ポイント×9人と各チーム共に持ち点は9ポイント。失敗するごとにポイントが減っていき、先にポイントがゼロになったチームの負け。

というものです。

116094

登りやすいホールドをつぶすと、相手だけでなく自分にとっても痛手になってしまうわけで、「どのホールドに、どのタイミングでシールを貼るか」の戦略が勝敗のカギを握るという頭脳戦の要素もあります。

実力・経験で劣る東大生チームも、戦略次第では勝ち目があるという、今回の対決にぴったりのルールです

 

頭脳の東大生チームか、壁を知り尽くした実力のAmazonチームか…。

東大生チーム VS Amazonチームの、ハンデなし、ガチンコボルダリング対決、スタートです!

ガチンコボルダリング対決、スタート

img_4355

Amazonチームはさすがの実力。軽々とクリアしていきます。

img_4382

なんでこの体勢を維持できるのか、謎です。磁石かなんかでくっついてます?

しかし、東大生チームも負けてはいません。

img_4228

未経験とは思えないほど軽々と登るボート部中山さん

Amazonチームから驚嘆の声が上がるほどの身体能力で、クリアしていきます。

116079

あえて遠回りのルートを取る作戦が功を奏した場面も

さらに、東大チームは、唯一の経験者の富山さんを中心に熟議を重ね、シールを貼る位置とタイミングを適格に決めていきます。

116086

指示を出す後姿がかっこいい、富山さん

チームワークと頭脳を活かして、Amazonチームに必死に食らいつきますが、

回を追うごとに使える足場の数が減り、格段に難易度が上がっていくのがこのゲームの難しさ。

14247634_1189737064381343_285385467_o

ポイントを失い、分かりやすく落ち込む、中山さん

中山さんは2巡目・5巡目・6巡目に失敗。

116075

なぜかコの字になる関谷さん

関谷さんも3巡目・4巡目・6巡目と失敗してしまい、2人のポイントはゼロに。

6巡目まできてノーミスと、圧倒的なパフォーマンスを見せる富山さんに、勝負の行方が託されます。

img_4408

劣勢なのに、この笑顔。なにか秘策があるのか…?

6巡目終了時点で、残り5ポイントのAmazonチームを、東大生チームが残り3Pで追う展開に。

絶望的と思われた東大生チーム、この後まさかの展開に。

 

次ページ、ついに決着。衝撃の結末を見逃すな!

LINEで送る
Pocket

img_4224

ABOUTこの記事をかいた人

田中マルクス

人生が加速する

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ