【留学記】ハーバード・サマースクールで”Diversity”さがし

File1384
LINEで送る
Pocket

世界最高峰で過ごす夏

こんにちは!

経済学部金融学科3年、浦野湧と申します。

現在は交換留学先のシンガポールで勉強をしています。たぶん東京より暑いです。

シンガポールへは日本から飛んだわけではなく、アメリカ・ボストンから地獄のようなフライトを経て到着しました(モニターが離陸1時間で故障し、フリーズしたハリウッド俳優の顔を15時間眺めていました)。

なぜボストンにいたのかというと、UTokyo GLP-GEfIL Programというプログラムのもと、ハーバード大のサマースクールに参加する機会をいただいたためです。今回はこのハーバード・サマースクールでの体験についてお話ししたいと思います。

IMG_2322

ジョン・ハーバード像。実は本人をかたどった像ではないという「またそのパターンかよ」みたいな話もあります

GEfILプログラムに参加した理由

先ほど出てきたUTokyo GLP-GEfIL ProgramGEfIL)というのは、地球規模の問題に対する解決策をグループ・個人で研究することをテーマにした、東京大学によるリサーチプログラムです。

プログラムには大きく二つの活動があります。一つは「GEfIL海外プログラム」というもので、海外有名大学のサマー・ウィンタースクールに参加できる機会が与えられます。今回僕が参加したハーバード・サマースクールはこれにあたります。

一方国内では、英語によるリサーチ・ディスカッション・プレゼンなどを行います。今年前半は「難民問題」をテーマとしたグループプロジェクトを完成させ、後半にはPeace Building” “Sustainability”そして “Diversityなどの分科会に分かれて個人研究を行う予定です。

さて、僕がGEfILに参加したのは、この「難民問題」さらには「Diversity」というトピックに強く惹かれたためでした。

僕には、中高時代から抱き続けてきたひとつの疑問があります。

「ある人とある人は、どうして仲良くしたがらないんだろう?」

MOK_ahiru1vs4

どうして仲良くしたがらないんだろう?

それは、初めはクラス内の「仲良しグループ」についての疑問でした。ですが、大学でさまざまなことを学ぶにつれ、その疑問が浮かぶ機会は多くなりました。

日中関係、人種差別、宗教、そして難民問題いたるところにその糸口と難しさが転がっています。

僕がGEfILで探求したかったこと、それは「どうしたらある異なる人たちは仲良くできるか」つまり「どうしたらある場所でDiversityを実現できるか」という問いへの答えでした。

この夏のハーバード・サマースクールも、いわば「Diversity探しの旅」であったように思います。

ハーバード大を選んだ理由は単純、世界最高峰の大学ならばより面白い経験ができ、より面白いものが見つかると思ったためです。

そんなハーバード大学での「Diversity探し」、いったいいくつ「多様性」を見つけることができたのでしょうか?

よく学び、よく遊ぶ日々

 
まずは、ハーバード・サマースクールでの授業と生活について紹介します。

今回取った授業は「International Politics」と「Globalization and Global Justice」のふたつ。それぞれ3時間のクラスが週2回のみですが、授業時間外で鬼のような量のリーディングやエッセイを課されるので、月曜から木曜まではたいてい勉強に追われます。

一方週末は常に3連休となるため、パーティと観光、寮のイベントなどで逆に忙しくなります(ここで勉強すれば平日に追い込まれることもないのではないかという指摘もある)。まさしくwork hard, play hardですね。

IMG_2270

Fenway Parkで本場MLBを観戦。6本くらいホームラン出て、めっちゃ笑いました

 

サマースクール の多様性

          
ボストンでの7週間は、慌ただしく過ぎ去っていきました。授業での学びはもちろん、慣れない生活、週末の観光やパーティも含め、すべてが刺激的でした。

でもこの7週間のなかで、僕は大きく分けて3つの「Diversity」を見つけることができました。

それは「過去」、「現在」そして「未来」それぞれについての多様性です。

次ページ:3つの「Diversity」とは?

LINEで送る
Pocket

File1384

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと日本語ラップが好き。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ