博士課程しながら芸能活動。歌って踊れるバイオ美女、Reinaさんに情弱が怒られた話

IMG_0035
LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは。気づけば院試まで2週間。

やることがわからなかったので、とりあえず伏見稲荷大社に祈願して参りました。

いや勉強しろよ。ともんきちです。

母親にその髪で院試受けるん?と言われた

母親にその髪で院試受けるん?と言われた

現代の大学生は怒られない

突然ですがみなさん、大学生になったら激減するものってなんでしょう?

 

朝ごはん?

確かに一理ありますね。

 

健康的な生活リズム?

まぁそれも確かに。

ですが、違います。

 

大学生になって一番減ること、それは

 

 

「マジで怒られる回数」です。

 

 

「いやいや、怒られるやん。」違うんすよ。

 

中学や高校の時を思い出してください。

個人差はあれど、中学・高校の時は、自分の成績・大学の進路・将来やりたいことなどに対して、いろんな人(親・親戚・高校の先生etc…)から、自分のあり方について干渉を受けるのではないでしょうか。

 

ですが時代は打って変わって大学生。

自由だぜ

自由だぜ。

世の中的にはモラトリアム。キビしい社会に出る前に与えられた最後の休暇

まぁ表現は様々で、それに対する見方も様々なわけですが、兎にも角にも大学生活は自由です。

 

しかし、自由であるということは、周りは自分に干渉しないということ。

当たり前のことですが、周りの人は自分の大学生活に対して無責任だし、無関心です。

 

確かにマジで怒るのって、関係壊すかもしれないし、「何様やねん」って思われるかもしれないし。冷静に意味わかんないっすよね。

大学での希薄な人間関係の前に、「まぁ人それぞれだからね。」の一言はあまりに強力です。

だからこそ、嫌われるリスクを考えてまで叱ってくれる人は、人生の師や生涯の友と言えるのかもしれません。

 

緩慢な大学生活を真摯に叱ってくれるお姉さんがほしい

大学生活も残すところ約半年。とうに折り返し地点は過ぎ、そろそろ終わりが見えてきた。

毎日なんとなく緩慢に過ごすことが多く、編集長とのLINEもナメ腐っている。

本当は自害する気などさらさらない

本当は自害する気などさらさらない。生きる。

 

 

あぁ、久々に真摯に叱られてえ〜〜〜〜〜

 

 

・・・・

数日後、不思議なことに、Messengerに「ともんきちの怒られ企画」というグループができていました。インタビューのついでに僕を叱ってくれる人を募集するグループらしいです。

怒られます。(真顔)

怒られます。(真顔)

しかもわざわざ僕を叱ってくれる人は博士課程で芸能活動もしてるお姉さんらしい。マジか。そんな酔狂なお姉さんおるんか。

 

→次ページ 博士課程でシンガーソングライターのお姉さん(美人)の正体をさぐる。

LINEで送る
Pocket

IMG_0035

ABOUTこの記事をかいた人

ともんきち

バスに乗り間違えることに定評あり。DJやってる工学部4年生です。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ