【点数で学科の良し悪しが決まるわけない】知られざる素敵学科総覧 ③今こそ木材がアツい、らしい。【穴場学科座談会】

ああ図1
LINEで送る
Pocket

 

あな-ば【穴場】

[名] 一般の人にあまり知られていない、いいところ。

用例:友達と待ち合わせて穴場学科座談会に行った。

(デジタル大辞泉より一部改変。)


DSC_0288

みなさんこんにちは。あなばんです。

 

小口さんですか? って聞かれますが、あなばんです。それ顔のパーツです。

 

いよいよ明日、7月28日の16:30-18:30に開催が迫った、「穴場学科座談会」@駒場キャンパス学生会館2階 211会議室! このイベントの予告を兼ねて、お送りしております! 

あ、気持ちが高ぶって思わず口癖がでちゃいました。あなっ。

比較的少人数から成っておりあまり知られていない、けれども実はそこにしかない魅力がたくさん詰まった学科を「穴場学科」として紹介する、東大で唯一かもしれない学部横断型学科説明会です。

イベント前に、参加学科の魅力を先にお見せする穴場学科紹介企画最終回。最後にどうしてもお伝えしたい、素敵な学科があるぞということで、筆を取りました。

DSC_0293

最終回は、「農学部環境資源科学科木質構造科学専修課程」の紹介です。

今こそ木材がアツい。 木造を突き詰める職人達の学科!

この専修を一言で表すなら「木材版建築学科+木材版マテリアル工学科」です!

 

「建築に興味あるけど、コンクリートジャングルの街に興味ないなあ、もっと自然な景観が好きだ」

「木を次世代の材料として活用してみたい」

「とにかく木に触るのが大好き!」

というポジティブに木が大好きな駒場生の皆さま、もしくは

「建築学科に行きたいけどブラック学科は嫌だ……」

「マテ工に行く点数すらない……」

「とにかく楽に理系学科の卒業資格が欲しい」

という堕落した駒場生の皆さまも是非ぜひ、以下に始まる学科紹介をお読みくださいませ!

 

※注・以下の文章では男子率100%という農学部にあるまじき事態に絶望した東大男子がかわいい女の子を引き込むべく実情を盛りに盛って書いてるため、一部人気取りに走りすぎている表現が見受けられます。ご注意ください。

 

 

木質の魅力とは

前述したようにこの学科は木造建築学科としての性質をもつので、1級建築士の受験資格が得られるのが特徴です。それだけだと「なんやそれ建築学科と何が違うねん」と思われるでしょう。

第一に当然この学科は基本的に木造しかあつかいません!

「えー木造なにそれーイモーい」と思ってるキラキラ東大女子の皆さま。それは大きな間違いですよ!! 

新・国立競技場はいうに及ばず、現在さまざまな公共建築物は木造で建てられているのをご存知ですか?(最近だと戸越銀座駅が木造でリニューアルオープンします!) 2010年に木材利用促進法という法律が制定されて以来、公共建築物は原則として木造で建てることが決められたんです! 

つまりいま木材の時代がやってきた!!ということです。 きっと説明を聞けばキラキラ東大女子も「きゃー木造なにそれーエモーい」と言ってくれるはず!

またこの学科では木材の材料物性に基づいて木造建築を考えていきます、よって建築学科よりかはミクロな視点で建築を考えることになるわけですね。あとは建築学科みたいにブラックじゃないのがよいところ!

a

pinterestより。木材木造かっこいい

 

講義や学生の活動について

「じゃあ具体的にどんな授業やんのよ」と疑問に思うでしょう、ここで特徴的な講義を二つ紹介いたします。

まず一つ目が「生物材料組織学」

特徴的なのはその中間試験で、写真のような木片を20種ほど配られて、その樹種名を当てるというものなのです。まさに木材が語り掛けてくる声を聴かなければいけないわけですね!

ちなみに筆者は自信満々で臨んだものの半分しか当たらなくてショックでした。教授曰く「7割当てられればそれで飯が食える」だそうで……笑。 

 木質素材テスト

 

お次は「設計製図」の講義ですね。建築系や都市工学系にはおなじみのあれといってもいいでしょう。

写真の課題は「光との関係を踏まえた空間設計」というテーマの模型ですね。学科の人たちのセンスが文字通り光ってますね。 

  木質光る課題

 

最後に

いかがでしたか? 駆け足で学科の紹介をしてみました! 

その他研究室では五月祭でこーんなモニュメントを建てたりしてます。ものすごくスタリッシュだと思いませんか?? 

僕も「院生になってぜってえこんなモニュメント建てような」と思ってこの学科に入りましたし、この写真で何かを感じてくれたらありがたいですね!

 木質モニュメント1

木質モニュメント2

また当学科は最高7人の超少人数学科なので、教授との距離も近く全体的にゆるめの雰囲気なのが魅力の一つ! 

終わりのないエリート競争に心が擦れてしまった駒場生の皆さま、木の癒しを求めてみませんか? 

「木」なったあなたは是非座談会までお越しくださいませ。

(最後の写真は突然同期が「大豆植えようぜ」と言い出したことから始まった作業の写真)

木質と大豆

ホームページ:http://www.fp.a.u-tokyo.ac.jp/moku/


以上、穴場学科をすこーしご紹介いたしました!続きは7月28日に会場で聞いてみて下さい!

 

7月28日に、穴場学科座談会でお目にかかりましょう!あなっ!

DSC_0290

 

穴場学科として参加したいという学部生も大歓迎です。

お問い合わせは kensousingaku@gmail.comまで。

 


DSC_0288

あなばん’s プロフィール

名前:あなばん

性別:なし

年齢:数か月

趣味:穴場学科をPRすること

穴場学科をPRしたい!という多くの穴場学科の学生の想いから生まれた思念体のような存在。その体は「穴」という漢字に似ている。うかんむりの両端が手になっている。

普段はおとなしい喋り方だが、興奮すると「あなっ!」というのが口癖である。

※アイキャッチ画像は農学部環境資源科学科木質構造科学専修課程の公式HPより。

LINEで送る
Pocket

ああ図1

ABOUTこの記事をかいた人

学生を主体とした東京大学の学部横断穴場学科コミュニティです。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ