【オープンキャンパス】800人の中高生があなたの話を聞きに!【東大ガイダンス】

LINEで送る
Pocket

どうも理科一類二年のNです。

もう今年も早いもので七月になりました。試験が差し迫ってきた今、一年生でももう感じたことはあるんじゃないでしょうか?

周りがすごい!!!

これで少し自信喪失した人はいるんでしょう。(僕も去年の七月にはバリバリこれを感じて若干自信を喪失してました。)

高校時代、好成績で得ていたちょっとした優越感

それももうない…

東大に入ったのに、周りがすごすぎて、自分は全然すごくない

6R7KCXBEEE

そんなことない!!!

自信を喪失する必要なんてないんですよ!

きみは東大生!

東大生なんですよ。(大事なことなんで二回言いました。)

あの入試を抜けてきたんです。相当な努力をしたはず。

世間から見ると普通にすごいんです。東大に入ると周りはみんな優秀な人ばかりで埋もれて、あまり実感しないでしょうが…

自信をもっていいんです。(うぬぼれすぎるのは良くありませんが)

東大生ということに胸を張りましょう。

max16011636_TP_V

東大ブランドを有効活用しましょう!

東大生の話を聞きたい!

そんな人がいるんですよ。誰だと思います?(タイトル見てるからバレバレですけど)

そう、中高生です!

東大を目指す、または、東大を少し考えているような中高生にとっては興味の的です。いろいろ聞きたいことがあるはず。勉強方法、東大のサークル、志望動機などなど…

 

そこで、僕たち東大ガイダンスが

中高生と東大生がフリートークするイベントをやります!!!

フリートーク、つまり、東大生と中高生が自由にしゃべってもらいます。主に、中高生の質問に答えることになります。

中高生と話している様子。

中高生と話している様子。

質問の内容は勉強方法など、さっき挙げたもの以外に「東大って女子いるんですか?」、「東大に入ると彼女ってできるんですか?(笑)」など僕の心にグサッと刺さるようなものまでいろんなものがあります。

イベントに参加するメリットは?

あります!

現に「中高生に必要とされているんだ」と思い、自信回復した僕がいます。

自信回復以外に大きく三つあります。

①素直に中高生と話せる

塾の講師や家庭教師をやっている東大生は多いと思いますが、どうしても堅くなりますよね。

生徒の成績をあげなきゃ、だとか、生徒を合格させなきゃ、だとかプレッシャー少なからずあるはず。

このイベントでは、素直にのびのびと中高生と話すことができます。素直に中高生と話す機会なんてそうそうないですよ!

②自分を見つめ直せる

やはり東大を目指している人が主に来るので、勉強方法志望動機などを聞かれることが多いです。

質問にまじめに答える中で、今の自分はちゃんと勉強しているのだろうか今の志望動機は当時の志望動機から変わってるななど、普段生活していて考えないようなことを客観視して自分を見つめ直せます

③変わった東大生と会える

参加する東大生の中には様々な人がいます。(不思議なことに変わった人が多い印象です。いい意味で。)

理三から文学部に行った人、理二から医学部に行った人、とにかくうどんが好きな人などなど。学部三年四年の方だけでなく、院生の方もいらっしゃるので、進学選択の話も聞けるかも。

このイベントは人脈が広がる最高の機会です!

二日間で800人!

このイベント、東大のオープンキャンパスで開くということでたくさんの中高生が来ます。

去年は二日間で800人もの中高生に来場していただきました!

去年のオープンキャンパス。

去年のオープンキャンパスの様子。

最近、テレビでよく東大生が取り上げれているため、より多くの方に来ていただけるかもしません。

たまたま予定が空いている方、高校生の役に立ちたい方、しゃべるのが好きな方…

8月3日(水)4日(木)の二日間。一日だけでも構いません。

あなたの話を聞き来ます!!!

是非、興味のある方は下記のグーグルフォームで登録を!

http://goo.gl/forms/mOucahcpBum0n93m1

フォームを見ることができない人は【todaiguidance.core@gmail.com】までお名前を明記のうえご連絡ください。

東大ブランドをいつ使うの?

今でしょ!!!

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

東大ガイダンス

中高生に「ナマの東大・東大生」を知ってもらうため、五月祭・オープンキャンパス・駒場祭にて、中高生と東大生の交流イベントを開催しています。イベント以外にも、ブログの更新、メルマガの配信を行っております。 HP:http://www.todai-guidance.com/recruit.html

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ