編集部より Vol11.「なんかお前、テレビ局いそう」な奴が金融機関に行く話 

ディスカッション本
LINEで送る
Pocket

UmeeTをご覧のみなさん、こんにちは。ハロー。ボン・ジョルノ。ライターのチャールズです。最近のマイブームはWOWOWでサッカーの欧州選手権を見ることです。イタリアを応援してますが、優勝は開催国のフランスになるですかねぇ。

今回、編集長の杉山さんから編集部よりのコラムを書いてほしいと頼まれたので、今月終わったばかりの就職活動を通じて感じたことをつらつらと書きたいと思います。

「ふーん、こんな奴もいるのか。」ぐらいのノリで見てもらえると幸いです(笑)。

 

振り返ってみると

 

3年生になって本郷キャンパスに通い始めた頃は、なんとなく「テレビ局か広告系にいきたい!」と思ってました。

昔からバラエティ番組やお笑い番組が好きなのもあって好きな事を仕事にしてみたいってのもありましたし、あとは「自分はエンターテイナー」という自負が勝手にありました(笑)。周りから「なんかお前、テレビ局にいそうww」と言われたこともそれに拍車をかけていました。

 

そう思ってたので夏になって広告系のインターンでも出してみるかーって思って某大手二社のインターンに応募してみたのですが、華麗にESで敗退(笑)。あれ、俺センスないんかな、ってなりましたね。

同時に出してた省庁のインターンは通ったので最終的に夏は1つだけインターンに行きました。学部の友達が出してるしオレモーってぐらいの軽いノリで参加したのですが、学びも多かったし議論することは予想以上に面白かったです。

 

そしてこれを経て、別に趣味から派生することを仕事にしなくてもいいし、それでも十分にやりがいはあるんじゃないか、ということに気付きました。好きな事をしてる時、そうでない仕事をしてる時でも自分がやりがいを感じられる根底の部分は実は共通してると思うんです。

だったらその部分については職種をそんな絞らなくても達成できるんじゃん?というのが僕の考えたことです。

 

この思考は自分にとって劇的変化をもたらしました。世間のサラリーマンのおじさま方って別に好きな事してなさそうだし何が楽しくて仕事してんの・・・?というのは多くの若者が感じがちな疑問ですが、多分これがその答えの一つです。

テレビ局本

テレビ局志望時代に購入した本。

省庁志望とはならなかったのですが、その後はテレビ局狙いから金融系狙いに変更し、インターン何社かと3月からの就職活動を経て某金融機関へと内定しました。金融系に興味を持ったのは学部が経済であったことがきっかけなのですが、インターンをしているうちに金融機関は社会の血液な存在でもあってなんか自分に合ってるんじゃん!?と思ったのが理由です。

 

終えてみて

 

そんなこんなで当初の考えとは全然違う形で就職活動を終えたわけですが、僕自身ある程度納得して終えました。「なんかキャラと違くない??w」と言われることもありますが、これからこの選択が正しかったと思えるように努力したいですね。

なんか東大生っぽい就活だなー、結局レールの上の大企業やんww」という声も聞こえてきそうですが、そうはあまり思ってません。

 

確かに大きい組織で自分でキャリアを選択していく余地はそこまでありませんが、自分で努力して変化していかなければ道は開けないですし、レールというのは少し違うのかなと思います。特に今はグローバル化やらIT化やら叫ばれていて変化の大きい時代なのでそういった側面はかなり強いと思います。

かの有名なチャールズ・ダーウィンも「唯一生き残るのは、変化できる者である」と述べてますし。組織に馴染む中で悪い意味で適合してしまうこともあるとは思いますが、少なくとも自分の外の人やものから学び続けて自分に変化をもたらし続けることは忘れたくないです。

 

最後に

 

おこがましいことではありますが、これから就活をする18卒に向けて言いたい大事なこととしては、

①自分を偽りすぎないこと、②就活について色々報告しあえる友人をもつことがあります。

 

①については、勿論受かるために必要な嘘(ex.御社が第一志望です)というのはありますが、自分の本質を偽りすぎる程の嘘をついてしまうのはキツイと思います。1次面接~最終面接まで一貫して同じ嘘をついて虚構のキャラを演じないといけないですし、そもそもその嘘ついて受かっても入社後キツくない?という問題もあります。たまに大嘘をつき通して受かる猛者がいますがオススメはできません。

自分をある程度は受け入れた上で勝負、ぐらいの気持ちでいいと思います。

 

②は最も大事なことかもしれません。愚痴を含めて色々話すことでストレス発散にもなりますし、あとは友人の努力する姿を見ること、友人が自分に対してくれる意見を聞くことを通して自分を客観的に見つめなおすこともできます。時には2時間の長電話もした友人のO君にはマジで感謝しかないです。

 

なんか少し堅くなってしまったかもしれません。最後になるんですが、これから就活する皆さまの成功を祈っております!

僕はといえば最近ではテレビでサッカーを見ること以外特筆すべきことはしておらず、めちゃめちゃヒマしてます(笑)。就活中の3カ月は結構忙しかったのでここは天国かよ!って感じです。単位が足りれば残り9か月半で学生を終えてしまうので、なんかしょうもないことをして楽しんで終えようと思います。ではでは。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

ディスカッション本

ABOUTこの記事をかいた人

チャールズ

学内屈指のヒマ人と化しています。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ