台風発電で世界を変える起業家、チャレナジーCEO・清水敦史さん「教科書を書き変えるという未来が、僕にはある」【TOKYO STARTUP GATEWAY】

LINEで送る
Pocket

学生証

  1. お名前:清水敦史さん
  2. 経歴:岡山県の高専から、東京大学工学部に編入。東京大学大学院新領域創成科学研究科を修了後、大阪の大手電機メーカーに入社。福島の原発事故をきっかけに個人的に再生可能エネルギーの研究を開始し、2014年に株式会社チャレナジーを設立。「台風発電」の実現に向けて奮闘中。

 

東京都主催のスタートアップコンテストTOKYO STARTUP GATEWAYの2014年度ファイナリスト、清水敦史さん。

台風をエネルギーに変える、「台風発電」で風力発電の歴史を変えようとしている起業家だ。

「自分の発明で世界を変えたい、教科書を書き変えたい」

そんな壮大な夢を追いかけ、実現不可能と言われた技術に挑み続ける、少年漫画の主人公のような姿にあなたも必ず触発されるはず!

台風発電とは

IMG_0469

きっかけは2011年3月11日の原発事故だった。

2011年当時、大阪の大手電気機械メーカーに勤務していた清水さん。震災の直接的な被害は受けていないが、原子炉が爆発する映像に衝撃を受けた。

 

「あんなことが日本で起きると思ってなかった。でも、これと同じことは今後も起こりうるはず。原発はなくさなくてはならない

 

ただ国会議事堂の前で原発反対を叫ぶだけでは、なにも変わらないと思った。

「代わりの電力」を見つけなくては。

 

僕らは原発の恩恵を一番受けてきた世代。停電を経験することなく、何不自由ない生活ができた。だから、再生可能エネルギーの時代を作る責任は僕らにある

gatag-00000086

http://01.gatag.net提供

再生可能エネルギーといえば太陽光発電が主流だが、清水さんが目を付けたのは風力発電。それも、台風を利用した発電だ。

「毎年日本を通過する台風は、地震よりも大きなエネルギーを持っている。その一部だけでも使えたなら、と思ったのがきっかけでした」

太陽光発電ほど広大な土地を必要とせず、台風を利用できる。これほど日本に適した発電はないだろう。

 

とはいえ従来のプロペラ型風力発電機では、台風発電は不可能だ。

なぜなら、プロペラ型は強風や風向きの変化に弱く、すぐに壊れてしまう。ゆえに、通常の風力発電機は台風が来たら停止させなければならない。

そこで清水さんが考案したのが、「垂直軸型マグナス風力発電機」だ。

IMG_0356

垂直軸型マグナス風力発電機の模型

技術的な説明は割愛するが、「垂直軸型マグナス風力発電機」とは、

プロペラではなく、円筒を気流中で自転させたときに発生する、「マグナス力」により動作する次世代風力発電機。

220px-Magnus_effect.svg

マグナス力について、wikiより。

プロペラ型と比べ、安全性の向上、低コスト化、静音化が期待できる。加えて、理論上は台風のような強風時にも発電することが可能というもの。

つまり、災害であるはずの台風を資源に変える、世界初の革命的な発明なのだ。

素人だからこそイノベーションを起こせる

IMG_0406

革命的な発明はどのようにして生まれたのか。

 

大学院での研究テーマは物流。発電機は完全な素人だが、「ヨソ者」だからこそプロペラの無い風車というイノベーションを起こせた、という。

「研究者や大企業はプロペラ風車にこだわりすぎている。風力発電の学会で研究者に意見を求めても、否定されることが多いしね。たしかに僕らの発電機はドラえもんの秘密道具みたいな夢物語かもしれないけど、その分22世紀のスタンダードになりうると信じてる」

 

仕事の傍ら、ホームセンターで売っているような簡単な部品を使って、ひたすら自宅で試作機作りに没頭した。

そして、発泡スチロールでできたなんとも粗末な試作機が、扇風機の風を浴びながらくるくると回った時、決意する。

 

この技術で特許が取れたら、台風発電に人生を賭けよう

 

2013年に無事特許を取得すると、平均年収1位ともいわれる大企業を躊躇なく辞めた。

IMG_0504

当時の試作機(発泡スチロール製)

なぜ辞めたのか?

この質問に、清水さんはさも当然という風にこう答えてくれた。

 

自分の発明で世界が変えられるとしたら.、会社を辞めてでもやる価値があると思いませんか?」

→次ページ、発明の本質と挑戦し続ける秘訣

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

田中マルクス

人生が加速する

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ