【五月祭】機械のロマンを一般人でも満喫できる最高の企画。『TECHNO FACTORY』

LINEで送る
Pocket

昨年は15万人も集まり、普段では想像のつかない程の熱気と活気を見せる五月祭。色々な“東大”による不思議空間が形成され、実に多様な人や、多様な企画と出会います。

数々の出会いのある五月祭、その中でも忘れてはならないのは、「学術企画」との出会い。今回は、人間と機械の関係を豊かにする「機械情報工学科」の企画展示にUmeeTが突撃します。

「人間と機械の距離を近づける」学科です

機械情報工学科のみなさん、今日はよろしくお願いします。

機械情報工学って、どんな学科なんですか? 無知なわたしに教えてください!

IMG_2787

展示責任者の安永竣さん。電子工作をしていらっしゃいます。

代表・安永さん「ロボットとかモノづくりが好きな学生がわらわら集まってくる学科ですね。高専から編入する人もいます。

学科内に町工場みたいにごつい機械が色々ある工房があって、図画工作みたいなことも出来まして。そこはいつも金属カスだらけです。」

 

自ら作れる場があるなんて凄く楽しそうです! どんなものをつくったりするんでしょう?

 

「んー色々あるんですが……。あ、授業では、エンジンを作りましたよ、金属板から。

 

金属板からですか…?! エンジンの原材料を考えると確かに金属板ですが……。金属板からエンジンだなんて、洋服作るのに羊を渡される以上のレベルで想像しにくいですね。機械系ではこんなものも当たり前に作っているんでしょうか。

 

「モノづくり、めちゃくちゃ楽しいですよ。納豆の、パックの蓋を開けてかき混ぜ終わるまでを自動でやってくれる機械を作っている友人もいます。みんな、自由に作っています。」

 

朝ごはんの時短ってやつですね(?)。それにしても、発想も、実際に作れるのもスゴイですね。

 

「そんなかんじで僕らは機械に接するんですけれど、それだけでなくて、人間にも接するのが僕らの学科です。

僕みたいにモノづくりやプログラミングで、機械にアプローチする人もいるんですが、直感とか視覚とか、人間の研究をして人間にアプローチする人もいるんです。いわゆる、VRとかの研究ですね。

学科全体で『人間と機械の距離を近づける』ことを目指して、色々な研究やモノづくりをやっています。」

IMG_2824

機械「納豆ねるねるねるね」

機械と人間の壁がどんどん薄くする、機械が出来ることを増やしていく、その現場を先導しているのが機械情報工学のみなさんなんですね。

考えたものを「形」にできる力って、本当にロマンに溢れて良いですね。憧れます。

五月祭1番のテーマパークへ 「TECHNO FACTORY」

IMG_2795

企画副責任者、中山優千恵さん。心理学にも興味があり、人間側にアプローチした機械研究をなさっています。

副代表・中山さん「今回の企画は、理屈抜きに楽しい、そんなテーマパークにしようと思っています。

私たちが学科で普段味わっている機械であれこれ試して、思ったことを実現させる楽しさを、この企画を通してぜひみんなにも味わってもらいたいです。

機械情報工学ってなんとなく難しそう……ってイメージをお持ちの方も多いのですが、まずは理屈抜きに、いっぱい楽しんでもらえたらな、と。知識のない方も、小学生のお子さんも、誰でも気軽に楽しめるような設計をしています。

折角ですから、その楽しさをぎゅっと味わえる、おすすめの4つの体験と、思いのこもった2つの展示をご紹介しますね。」

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

いちこ

経済学部生。旅行とグルメが趣味。ゲームへのアンテナは欠かしません。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ