駆け出しライターの流れ

このページでは、駆け出しライターが記事を1本書くまでの流れを説明します。

概要

UmeeTでできることのページで説明したように、駆け出しライターには技術サポートのためにメンターがつきます。

一覧の流れでそれぞれの役割は以下のようになります。

なんでメンターがつくの?

面白い記事を書くためには、スキルが必要だからです。

駆け出しライターがフィードバックを通して企画・執筆スキルを磨きつつ、記事の質を高めていく、記事を面白くしていくことがその狙いです。

そのためにメンターがつくので、わからないこと等あれば気軽に相談してください。

step1:企画

企画を練って、メンターのサポートを受けながら企画書に記入します。

企画を立てる前には、ぜひこちらを参考にしてください。

企画書にメンターのGOサインが出れば、企画実行に移ります。

 

step2:企画実行

企画準備

企画書に GOサインが出たら、企画実行の準備をします。取材を行う場合は事前にアポイントが必要となるので、メンターに相談してください。

企画実行

初めて企画を実行する際には原則UmeeTメンバーが同行するので、企画実行日が決まったらお知らせください。ここで、同行可能なメンバーと同時に、記事用の写真を撮影してくれるカメラマンも募集します。

※一度取材同行経験があれば、UmeeTメンバーのサポートなしに取材に行ってもOKです!

step3:執筆

企画を実行した後は、まず企画書に企画を実行した内容を反映してください。

その後、草稿(文章のみ)をgoogle documentで執筆してもらう予定です。記事の構成や流れを

草稿にメンターのOKが出れば、最後の編集作業に入ります。

step4:編集

実際に、記事を執筆するサイトwordpressで画像・イラスト等を入れつつ、記事を執筆します。

この段階では、面白いかどうかという記事の内容面に合わせて、記事の見やすさなど形式面からのフィードバックを編集部が行います。

step5:公開

記事に編集部のGOサインが出れば、いよいよ公開となります。

編集部で倫理面など最終チェックを行ったのち、公開・拡散を行います。