企画を立てる前に

ここでは、

どのように企画をすれば良いのか?

どのような企画をすれば良いのか?

を説明します。

どんな企画を考えればいいの?

基本的に、自由に企画を考えてください。

アカデミックな企画、ビジネス志向な企画、意識の高い企画、意識の低い企画。尖った企画でも、真面目な企画でもなんでも。

ただ、UmeeTで記事を書く上で守って欲しいルールがあります。

UmeeTの目指す記事

「東大から世の中をもっと面白く」する記事

UmeeTの理念は「東大から世の中をもっと面白く」です。

東大の隠れたエネルギーを発信し、その挑戦や努力が社会と繋がることを目指しています。

①東大/東大生に関する内容

②東大生に愛される内容/世の中・社会にとって面白い内容

に当てはまるようにしてください!

魅力的な記事

多くの人にUmeeTと言ったら面白いと思ってもらうためには、魅力的な記事を出し続けなくてはなりません。

しかし、ここがなかなか難しいところで、自分にとって面白い内容と読者にとって面白い内容が必ずしも一致しているとは限りません。

例えば、自分が書いていてすごく面白いと思った記事でも、他の人が見たら面白くない、わかりづらいといったこともよくあるのが現状です。

ライター=発信者にとって面白い内容であるのはもちろんのこと、読者=受信者にとっても面白い内容でなくてはなりません。

要するに、読者の目線を意識して、

読者にとって何が得なのか?

を考えて記事を執筆するようにしてください。

安心して読める記事

記事を書く上でもう1つ大切にしてほしい点があります。

それは、読者が安心して読めるということ。信頼して読めるということです。

誹謗中傷など人を傷つける記事はもちろん、プライバシーを侵害する記事を出してしまえば、築き上げてきた信頼は失われてしまいます。

詳しくはこちらを参考にしてください。