企画のコツは?

企画の

やりたい企画をやる

自分の興味のある企画をやりましょう。

ブレインストーミングしてみる

多様な視点を盛り込む

企画の面白いところは人それぞれの感性によって変わります。

アイデアを組み合わせる

 

企画の困難点を発掘する

 

 

取材の場合

取材対象を徹底的に調べる

ネットでも、本でも、人に聞くでも、まずは取材対象を徹底的に調べることが大切です。

Wikipediaや他メディアの記事と同じ内容を取材しても、二番煎じになってしまい面白くありませんし、取材される側のメリットもありません。オリジナリティーを意識して、どんなところを聞いたら面白いかを考えましょう!

また、学生という立場を生かしてどんな事を聞けるのか、というのも大事な視点になってきます。というのも、学生ということで、普段なかなか聞けない話を引き出せることも多く、思い切ったことを聞いてみるのもアリです。

切り口を変えてみる

取材対象をシンプルに。もちろん、取材対象のコンテンツをそのまま伝えて。

切り口を変えてみるという発想は、記事のコンテンツが少しマイナーな時や難しい時にかなり有効です。

例えば、東大教授の研究内容はなかなかにマイナーでアカデミックなものが多いのですが、

「イン哲に行けばバラモンになれる」という噂が。

このように身近な話題を切り口にすることで、そのまま伝えれば読者を選んでしまう内容を、幅広い層に面白く届けることができるでしょう。